自分の更年期症状を理解することで、症状を抑える手段を見つけやすくなります。

つまり、自分自身の更年期症状を緩和する成分や食べ物を摂取すると更年期障害症状を緩和することができるということですね。

早速、更年期障害症状を緩和する成分と、その効果を紹介します!

「大豆イソフラボン」
別名植物性エストロゲンといわれるほど、女性ホルモンと似た働きをします。
大豆イソフラボンを体に取り入れることで失われた女性エストロゲンの代わりとなる働きが期待できるんです。
大豆食品を食べることで大豆イソフラボンの成分が腸まで届き、アグリコンという成分になり、体内に吸収されるのですが、その名もイソフラボンアグリコンと言います。
イソフラボンアグリコンが更年期障害の緩和にたいへん効果的で、ほてりや発汗などを抑えてくれるんです。
さらには血流がよくなるので子宮も元気になり、女性ホルモンの乱れが整えられる効果があります。

「ぶどう種子ポリフェノール」
ぶどう種子ポリフェノールには抗酸化作用があり、体の中にある活性酸素が活発になることで老化が進むのを阻止してくれます。
つまり細胞の若さと元気を守ってくれるんです。
ぶどう種子ポリフェノールの中でもプロアントシアニジンという種類が抗酸化作用が強いと言われています。
更年期障害に対する効果は抗うつ・不安・不眠症状の改善です。

「葉酸」
葉酸には多くのビタミンが含まれていて、特にビタミンB群やビタミンEに女性ホルモンを生成する働きがあります。
葉酸は血流を悪くするホモシステインと結合してメチオニンという成分になりますが、その効果は血中のコレステロール値を下げ、血流をよくする効果があり、更年期症状の軽減に繋がります。
血流をよくすることで、体がだるい、重たい、肩こりなどの更年期障害の改善効果が期待できます。

「乳酸菌のラブレ菌」
植物性乳酸菌で有名なラブレ菌には更年期の症状改善の便秘改善だけではなく、冷え、肩こり、腰痛が改善したというデータがあります。
腸内環境がよくなれば、免疫力・抵抗力・新陳代謝がアップし、健康な体を手に入れることができるんです。
体を根本から強くすることにより、ホルモンバランスも正常化し、元気な日々を取り戻すための心強いサポートとなってくれます。

これらの成分は更年期サプリでも食事からでも摂取可能ですので積極的にとるようにしましょう。
更年期障害の緩和に非常に有効的な成分になり、特に更年期サプリを摂取することをおすすめします。
その理由は効率が非常にいいからです。