根本的なことですが、なぜ女性は更年期障害になるんでしょうか?

そのプロセスを知ることで更年期に対する考え方や対処方法、緩和させる方法が変わってきますので説明しますね。

更年期とは女性の場合、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する閉経を迎える前後の期間のことをいいます。

女性が更年期になる年齢は、およそ40代半ばで、閉経の前後の5年間、およそ10年と言われていますから45歳で更年期がはじまると55歳くらいまで続く可能性があります。

そして、更年期障害とはホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことで、自律神経失調症の一つです。

更年期を迎えると卵巣の機能が衰えはじめ、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

エストロゲンの分泌量が減ると、脳は盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌して、卵巣からエストロゲンを分泌するように促すわけですが、更年期を迎えた卵巣は必要量のエストロゲンを分泌することが出来なくなります。

すると、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンバランスの乱れが起こり、ホットフラッシュ(体のほてり)やスウェッティング(大量の汗が出る)などの症状が現れるというわけです。

これが更年期障害になる原因ですが、じつはホルモンバランスの乱れだけが原因ではない場合もあります。

更年期の時期になると子供の独立や夫の定年、親の介護など急激に生活のリズムが変わる時期でもありますよね。
そうした生活のリズムの変化が精神的ストレスや、家庭や職場でのストレスも加わり更年期障害が現れる場合もあります。

近年では30代くらいでも更年期症状があらわれる若年性更年期障害(プレ更年期)が増えてきているんです。

更年期の症状には個人差があり、更年期を迎えてもほとんど症状が気にならない方がいるのも事実ですが、日常生活に満足できない方もいるわけですがその差は、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることが原因の一つであると考えられています。

生活習慣を見直すことが、更年期を安心して迎える、もしくは更年期症状を緩和させるためには必要なことだと言えますね。